アルト or 木製のスタンダードフルート用、
COBRA RT-AW (フルートに装着タイプ)

■ Cobra・RT-A W クリップタイプ ・アルトフルート or 木製フルート用

コブラ RT-AW (ブラック) を異なった角度から見たイメージ

コブラ RT-AW (シルバー) を異なった角度から見たイメージ

Cobra・RT- AW の開発目的と特徴  

右手用「Cobra・RT- AW」の特徴は、スタンダードフルート用の「Cobra・RT」と同様マウスピースを口に当てるときの角度を調節しやすくすることで、安定した音程と、音質の向上をサポートします。
注意、右手用コブラには左手用コブラの特徴である、フルートが左手から滑り落ちることを防ぐ効果や、マウスピースの位置を口元に固定する効果はあまりありません。

左手用コブラと右手用コブラを併用することで、左手用コブラでの完全なすべり止め効果と、右手用コブラのマウスピースの角度コントロール効果によって、大きな相乗効果が得られます。(もちろん単独で使用することも可能です。)

コブラ RT-AWには他メーカーのクリップ式ものとは違う優れた特徴がいくつかあります。

特徴1: コブラ RT-AWはクリップによる脱着式ですが、右手親指に当てる羽(サムレスト)の部分を折りたたむことが出来ますので、フルートをケースにしまう時に器具を取り外さなくても殆どの場合そのまま入ります

特徴2: フルートに固定されるベースと、羽が別々のパーツになっており、ヒンジで繋がっています。 そのために親指に当たる羽の部分だけの微妙な角度調節が出来ます。

特徴3: RT-AWの上部先端は3本の指に分かれています。フルートによってはまれにキーストッパーの位置がRT-AWの装着位置についているものがあります。その場合でも3本の指の間のどれかにキーストッパーを配置することが出来ますので各人の理想的な指の位置にRT-AWを取り付けることが可能になります。(下に動画と更に詳しい説明があります。)

特徴4: RT-AWのクリップは硬いプラスティックで出来ていますが、フルートに接触する部分にはやわらかい合成ゴムのパッドが取り付けられています。従ってフルートを傷つけることなく、滑らずしっかりと固定してくれると同時に、取り外しが必要な時には簡単に取り外すことが出来ます。

特徴5: コブラRT-AWは右手の親指がフルートの管体に直接触れる形に作られていますので、器具を取り付けていないときと同じような自然な感覚でフルートを演奏することが出来ます。

■ 右手用コブラ RT-AW の取り付け、調節の説明

Cobra RT は左手用Cobraと違い取り付け方や使い方は非常にシンプルです。
クリップ式でフルートに取り付けて使います。 その後、羽の部分(サムレスト)の角度調節を行います。

フルートへの取り付け位置はCobra RTと同じく右手の親指を置く位置となります。しかしながらアルトフルートや木製フルートはメーカーやモデルによってキーストッパーの位置が様々です。また一部の木製フルートには金属のレールがなく木の胴体に直接支柱を立てているものもあります。このように様々な構造の違いや管体の太さの違いなどを出来る限り吸収して、一つのタイプでアルトフルートや木製フルートに装着可能なよう設計したのが「Cobra RT- AW 」です。

「Cobra RT- AW 」は 普通のフルート用の「Cobra RT」より一回り大きなサイズで、フルートの胴体をつかむための指が3本あるのが特徴です。上の動画を見ていただければ解るように、フルートによってはキーストッパーの位置に「Cobra RT- AW 」の指のどれかが当たることがあります。その場合キーストッパーを3本の指のどちらかの指の間に配置することで、演奏者が指を置く最適な位置に「Cobra RT- AW 」を装着することが可能になります。

「Cobra RT- AW 」を横から見るとCの形をしていますが、Cの上部にある指の先端がフルートのレールに当たるように取り付けますとそれ以上、上に回転しなくなりますので最も安定してクリップがすべらない位置となります。基本的にはその位置に固定します。
しかしながら、フルートに金属のレールが無い場合には、Cobra RT- AW の指の先端をレールに固定させることが出来ません。その場合には、取り付け前にアルコールや中性洗剤などでフルートの表面の油分を良く拭き取ってから取り付けるようにしてください。そうすればどの位置でも演奏中に滑ることはないはずです。

Cobra RT-AWをフルートに取り付けた後に、羽の部分を指でつまんで回転させて角度の微調整を行います。羽の動きの硬さはネジを回して調節出来ます。その際は出来るだけネジの溝の大きさにあった精密ドライバーを使うようにしてください。フルートケースにしまう時は、クリップを外さなくてもそのままケースに収まると思いますが、ケースの形よっては羽の角度を一番下まで下げてやるなど入れ方を少し工夫してやる必要があるかもしれません


■ 右手用コブラ RT-AW を木製のスタンダードフルートに装着し実際に持った時の状態

木製のスタンダードフルートは管体の直径がアルトフルートとほぼ同じとなっています。(約25mm前後)
その為アルトフルート用の コブラ RT-AW が使用可能です。

コブラ RT はサイズが小さいので木製フルートには使用できません。


上記の商品はこちらのネットショップからご購入いただけます。