コブラ RT クリップ(フルートに装着タイプ)

 Cobra・RTクリップタイプ 右手用 (フルートに装着タイプ)

コブラ右手用(ブラック) を違った角度から見たイメージ
RT Clip 00 Sm RT Clip 04 Sm RT Clip 05 Sm RT Clip 06 Sm
画像をクリックすると拡大します
コブラ右手用(メタリックグレー) を違った角度から見たイメージ
RT Clip 00 Grey Sm RT Clip 04 Grey Sm RT Clip 05 Grey Sm RT Clip 06 Grey Sm
画像をクリックすると拡大します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの商品は日本国内専用のショッピングモールサイト「MisticMedia-JPショップ」でご購入頂けます。

http://www.shop-online.jp/misticmedia

 Cobra・RT の開発目的と特徴  

右手用コブラRTの特徴は、マウスピースを口に当てるときの角度のコントロールをやりやすくすることで、音程のコントロールと、音質の向上をサポートします。

注意、右手用コブラには左手用コブラの特徴である、フルートが左手から滑り落ちることを防ぐ効果や、マウスピースの位置を完全に固定する効果はありません。

左手用コブラと右手用コブラを併用することで、左手用コブラでの完全なすべり止め効果と、右手用コブラのマウスピースの角度コントロール効果によって、大きな相乗効果が得られます。(もちろん単独で使用することも可能です。)

こちらはコブラRTRight Thumb)をフルートに装着した状態の画像です。
RT Clip Flute 05 Sm RT Clip Flute 06 Sm RT Clip Flute 07 Sm RT Clip Flute 08 Sm
画像をクリックすると拡大します

 

 

 

 

 

 

 

コブラ RTには既存のメーカーのクリップ式ものとは違う優れた特徴がいくつかあります。

特徴1: コブラ RTはクリップによる脱着式ですが、親指に乗せる羽(サムレスト)の部分を折りたたむことが出来ますので、フルートをケースにしまう度に器具を取り外さなくてもそのまま入ります。

特徴2: フルートに固定されるベースと、親指に触れる羽が別々のパーツになっており、ヒンジで繋がっています。 そのために親指に当たる羽の部分だけの角度調節が出来ますので、微妙な角度調節が容易に出来ます。

特徴3: RTのクリップの表面はゴム皮膜加工がされていますので、フルートを傷つけることなく、滑らずしっかりと固定してくれると同時に、取り外しが必要な時には簡単に取り外すことが出来ます。

特徴4: コブラRTは他ののメーカーのものと比べると、体積が小さいのと、右手の親指が通常の持ち方と同じようにフルートに直接触れるようになりますので、フルートが太った感じや、器具に指が当たる部分も柔らかいゴム皮膜加工がされていますので、指に鋭い感覚が無く器具を付けていないときと同じような自然な感覚でフルートを演奏することが出来ます。

特徴5: 通常の持ち方の場合、右手の親指がコブラRTのクリップに触れないようにする為にリングの形状になっています。しかしわざとリングに親指を触れさせることで、エキストラの安定感と滑り止め効果を発揮させることも出来ます。どちらの持ち方をするかを好みと状況によって使い分けていただけます。

特徴6: コブラRTのクリップの形状をリング状にすることで、他のメーカーのクリップタイプの器具と比べて厚みや体積を極限まで小さくしました、従ってフルートに接する面積やプレッシャーも小さいので、フルートの音への影響もそれだけ少ないという事になります。

 

 右手用コブラ RTの取り付け、調節の説明

Cobra RT は左手用Cobraと違い取り付け方や使い方は非常にシンプルです。
クリップ式でフルートに取り付けて使います。 その後、図の赤い部分(サムレスト)の角度調節を行います。

RT Clip for Inst 02

    羽を上に上げた位置

RT Clip for Inst 03

     羽を下に下げた位置

 
 
 
フルートへの取り付け位置は右手の親指を置く位置となります。Cobra RTを横から見るとCの形をしていますが、
Cの上の先端がフルートの支柱を立てるベースの横板に当たるように取り付けますとそれ以上、
上に回転しなくなりますので、最も安定してクリップがすべらない位置となりますので、基本的にはその位置に固定します。
しかしながら、フルートの持ち方によっては、それより下に下げた方がよい場合もあるかもしれません。
 
その場合には、取り付け前にアルコールや中性洗剤などでフルートの表面の油分を良く拭き取ってから取り付けるようにしてください。そうすればどの位置でも演奏中に滑ることはないはずです。
 
Cobra RTをフルートに取り付けた後に、RTの羽の部分を指でつまんで回転させて角度の微調整を行います。
羽の動きの硬さはネジを回して調節出来ます。その際は出来るだけネジの溝の大きさにあった精密ドライバーを使うようにしてください。
 
フルートケースにしまう時は、クリップを外さなくてもそのままケースに収まると思いますが、ケースの形よっては羽の角度を一番下まで下げてやるなど入れ方を少し工夫してやる必要があるかもしれません。
 
 

  右手用コブラ RTタイプと、左手用コブラ Cタイプの、両方を使用してフルートを持った時の状態

Cobra CDFlute

上記の商品は日本国内専用のショッピングモールサイト「MisticMedia-JPショップ」でご購入頂けます。

・日本国内にお住まいの方専用のコブラ販売サイトはこちらです>>MisticMedia-JPショップ。

海外にお住まいの方のご購入は、>>ArtFireのショッピングサイトからが便利です。